診療のご案内

小児歯科小児歯科

当小児歯科では、0歳から大人になるまでの間に、美しく、よく噛める口(歯)を育成しています。虫歯の予防、治療、歯並びが悪くなる歯列不正を防いだり、歯列矯正や、お子様に多い外傷治療も行っております。
虫歯の予防で一番効果があると言われているのがフッ素を用いた治療法です。当小児歯科では担当衛生士がプラークチェックをし、歯の清掃、ブラッシング指導、フッ素塗布をひとつのプラグラムとしておこなっております。

小児歯科定期検診は3ヶ月~4ヶ月に1回検診を行い、新しい虫歯ができていないか、歯並びや噛み合わせの状態を詳細にチェックして正確な歯の記録を取っていきます。

豆知識
フッ素塗布
フッ素はエナメル質の主成分であるハイドロキシアパタイトの水酸基に代わってフルオロアパタイトを作り、より安定した結晶構造をもてるようにします、つまり虫歯に強い歯をつくります。しかし歯垢を取り除いてくれるわけではないので、歯ブラシをしっかりしつつ年に3回ほど塗布することをお勧めします。
シーラント
「シーラント」は奥歯の噛み合う面(咬合面)にできる虫歯の予防方法です。臼歯(乳臼歯)の噛む面には細かく複雑な形の溝があり、ここに食べカスなどの汚れがたまると掃除が難しく虫歯の原因になります。この溝に汚れが入り込まないように溝をふさぐのが「シーラント」です。
サホライト
サホライドとはフッ化ジアンミン銀の溶液のことです。サホライドを歯面に塗ることで、まだ治療がしにくい小児の初期の虫歯の進行を痛みもなく抑えることができます。ただし、銀の沈着によって色を変化させ、歯が黒くなるという副作用があります。そのため乳幼児の虫歯の抑制にはよく使われますが、永久歯には使用されません。
キシリトール
キシリトールは天然素材の甘味料で、砂糖とは違いミュータンス菌によって発酵せず虫歯のもととなる酸をつくりませんし菌自体の活性も弱めます。そしてキシリトールは唾液の分泌を促進させ、唾液中のカルシウムがエナメル質と結びつく再石灰化を活発にしますのでとてもよい素材といえるでしょう。摂取するポイントとしては食事やおやつのあとや寝る前に続けてとるとよいでしょう。

ご予約・ご相談

03-3368-8888

  • 駅徒歩1分
診療時間

アクセスマップ

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場4−3−12-2F
JR高田馬場駅 戸山口改札前

問診シート
問診シート
  • 院内ツアー
  • ドクターズファイル
  • EPARK
  • EPARK